室内栽培 栽培法【我流】 水やり

多肉植物の冬越えに必要な育て方の4つのコツ

 

冬の多肉植物はいつもと違ったそだて方が必要になることを知っていますか?

「冬になった途端に多肉植物が枯れてしまった…。」
「多肉植物が冬を越すためにどんな準備をすればいい?」
「万が一枯らしてしまった時の対処方法について知りたい!」

こういった問題でお困りの方に是非読んでいただければと思います。

多肉植物をはじめて育てる人は冬の季節のお世話の仕方に要注意。
いつもどおりの水やっていると、いつの間にか枯れてしまっていたなんてことも。
はじめにお話したとおり、多肉植物は冬用にお世話の仕方を変えてあげなければいけません。

今回は多肉植物の冬の育て方、準備の仕方や枯らしてしまったときの対処方法について解説します。

【多肉植物の専門通販】
鯨の多肉園販売ページはコチラ

 

<目次>

 

冬に多肉植物が枯れてしまう原因は冷たさによるもの

冬に多肉植物が枯れてしまう原因は冷たさによるもの

 

「冬になった途端に多肉植物が枯れてしまった…」といった場合の原因は、ほとんどが冬の寒さによるものです。

 

多肉植物はもともと乾燥地帯の植物ですから、葉や茎に水を少しでも溜め込もうとする特徴があります。

冬の場合はこれが原因で、水分をためこみやすい分冷えやすく、雪や霜がふる気温では凍って枯れてしまうトラブルに繋がります。

 

「多肉植物は冬を越せないの?」と思ってしまうかもしれませんが、冬用の対策をしておけば大丈夫です。多肉植物が冷え過ぎなければ問題ないわけです。

かんたんな工夫で冬を越すための準備が出来ますので、詳しくは下記で説明します。

 

多肉植物が冬を越すために室内でお世話をしよう

 

多肉植物が冬を越すために室内でお世話をしよう
できれば冬は多肉植物を室内に入れてあげましょう。
多肉植物は寒いとすぐに枯れてしまいますから、室内でお世話をしていれば凍結するリスクを下げることが出来ます。

室内で管理するときの注意点についてまとめると…

1.日当たりがほどよくあたる場所


→窓辺からすこし距離をとった場所がおすすめ
(※窓辺は夜になると冷気が伝わるので注意)

 

2.風とおしの良い場所を確保

→冬は乾燥しやすいので湿気が多い場所には置かない

 

3.水をあげすぎない

→多肉植物はもともと乾燥地帯の植物
土が湿りすぎると冷えやすかったり、根腐れの危険もあるので注意。

 

「暖かい場所の確保が重要なら、暖房のちかくに置けば良い?」という質問がよくありますが、暖房近くでの栽培はおすすめしません。

というのも、寒さの対策は出来ますが、暖房の近くは乾燥しすぎてしまうためです。

暖かい場所で育ててあげることは重要ですが、室内栽培は乾燥させすぎにも注意してあげましょう。

 

 

屋外栽培の多肉植物は温室で越冬の環境を整えよう

屋外栽培の多肉植物は温室で越冬の環境を整えよう

 

室内で多肉植物をお世話できない場合は、温室を使って冬を越す準備をしてあげましょう。

温室があれば屋外でも暖かい環境を保て、気温の冷たさや霜や雪の心配もありません。

 

通販サイトで気軽に購入出来る温室は以下のようなものです。
こちらは、ビニールを外せば室内栽培用のインテリアとしても最適です。

WORTH GARDEN ビニール温室 五段 園芸ラック

 

「ベランダなどのスペースが狭くて、温室を準備出来ない…。」
という場合は、ちょっとした工夫で簡易温室をつくって寒さ対策も出来ます。

○ビニール袋を利用した簡易温室のつくり方

1.ビニール袋を鉢植え全体にかぶせる
2.ビニール袋に通気孔用の穴を数カ所あける

以上のような対策をとっていれば屋外栽培でも越冬は出来ますが、多肉植物は
寒さに弱いのは変わりありません。

気温がマイナスまで下がるような寒冷な地域の場合、
植物にビニールを巻いたり、温室のうえに暖かいカバーをかけるなど追加で対策をしてください。

対策をしっかりしていれば越冬出来ますが、それでも抵抗力の弱い多肉植物は枯れてしまうことがあります。

こういった万が一の枯れるリスクに備えて、冬に入る前に多肉植物を株わけしておくことをおすすめします。

 

枯れるリスクに備えて多肉植物の株わけ

枯れるリスクに備えて多肉植物の株わけ
冬の本格的な寒さが始まる前に、株わけしておくと万が一枯れてしまっても安心です。

寒さ対策が基本ですが、寒さへの抵抗力がうまく出来ていない多肉植物は枯れてしまう場合があります。

だめになってしまうリスクに備えて、事前に株わけしておきましょう。

簡単な株わけの方法を2種類ご紹介します。

○葉挿し、挿し木のやり方

1.成長している株から枝、もしくは葉を切り取る
(※大本の株は切り口をしっかり乾かしておく)

2.培養用の土に枝、葉を挿しておく

 

株わけしておくと、1つの株がダメになったとしても、いずれかが冬を越せられれば問題ありません。

株わけの作業は簡単に出来ますから、初心者の方にもおすすめですよ。

 

 

まとめ

冬越えに必要な育て方のコツ:まとめ
冬の多肉植物の育て方について簡単にご紹介しました。
多肉植物はもともと、乾燥地帯で育つ植物ですから寒い時期や地域での栽培には向いていません。

とはいえ、しっかり準備して冬を越せれば春には大きく成長させることも出来ます。
冬対策も簡単に出来るものが多いので、多肉植物の冬対策知らなかった方はぜひ実践してみてください!

今回の多肉植物の冬のお世話の仕方についてまとめておきます。

1.室内にいれてお世話をする
→通常どおり日当たりの良い場所、風とおしは確保。
ただし、水やりは月一回程度で乾燥させ気味に。

2.屋外栽培は温室を利用
→温室の場合は風とおしの確保に注意。
また、寒冷地帯ならさらに防寒対策を。

3.万が一のために株わけ

→冬より前に葉挿し、挿し芽をして
小さい株を育てておくと全滅のリスクを避けられる。

 

冬対策はもちろんですが、予防に取り組んでいても多肉植物特有のトラブルに見舞われることは多々あります。
下記の関連記事では、そういったトラブル全般の対処方法についてご紹介していますので、ぜひ一読ください。

 

<関連記事の紹介>

多肉植物にカビが発生する理由とは?【原因と対処法を解説】

多肉植物がしわしわ・ぶよぶよになる原因と対策を解説

 

この記事のライター紹介

創(TSUKURU)

後ろ向きに前向きなMinitsukuブログ運営者。
WEBライターの経験を活かした、人生コンテンツをメインに情報発信するブログをやっています。
2000文字程度のコンパクトにまとめたSEO対策記事の執筆が得意です。
SEOコンサル・ライティング・動画・画像編集の仕事のご依頼お気軽に。

 

-室内栽培, 栽培法【我流】, 水やり

© 2022 鯨の多肉園[多肉植物の専門通販・多肉植物の情報サイト] Powered by AFFINGER5