室内栽培 栽培法【我流】 水やり

【多肉植物の水やり方法】気をつけるポイント・頻度・タイミングとは?

 

本記事は多肉植物の水やり方法についての解説記事です。

多肉植物は頻繁に水をやらなくて良いので、簡単に育てやすいと評判の多肉植物。
ですが、多肉植物の水やりの方法については、人によって意見が異なります。

「多肉植物に合った水やりの方法って何だろう。」
「多肉植物の水やり頻度はどれくらいがいいのかな。」
「室内の多肉植物は霧吹きの水やりが良い?」
「植え替えしたときの水やり方法について知りたい。」

こういった疑問でお悩みの方にお答えしたいと思います。

今回は、多肉植物の水やりの方法や手段について詳しく解説します。

【多肉植物の専門通販】
鯨の多肉園販売ページはコチラ

 

<目次>

 

多肉植物の水やり方法|1度にたっぷり水をあげる

 

多肉植物の水やりは、根元の土へたっぷり水やりすることを意識してください。
水やりを少量、頻繁にするという方もいらっしゃいますが、根元の付近だけ常に湿って腐りやすくなってしまうのであまりオススメではありません。

根元にたっぷりと水やりをすることで、一回で十分な水やりになります。
また、頻繁に水やりをしないだけで腐れといったトラブルのリスクを避けることにも繋がります。

たっぷり水やりをするというと、「常に土全体を湿らせておけば良い」と思われる方がいらっしゃいますが、この状態でも根っこが腐る可能性があります。

そのため、基本的には「乾燥させ気味・水やりは一度でたっぷり」を意識すると丁度良いです。

 

室内栽培の多肉植物は水やりのしすぎに注意!

 

室内栽培の多肉植物は水やりのしすぎに注意!

 

室内場合、水やりで多肉植物がダメになってしまう可能性が高くなってしまいます。
というのも、多肉植物は乾燥に強く、水分過多の状態に弱い特徴があるためです。

特に室内は締め切っていたり、風通しが悪いとなかなか乾燥しません。
そのため、根腐れをおこしてしまうことがあります。

「水のやりすぎ防止に霧吹きが良いのでは?」と思われるかもしれません。
確かに、お手軽で「葉水」をするのには霧吹きがおすすめです。

ですが、霧吹きでは表面を一時的湿らせることしか出来ないので、しっかりと根っこから水分をとるのには不十分になってしまいます。

こういった理由もありますから、水やりはできればジョウロで。
そして、室内でも風通し・日当たりの良い適切な環境で育ててあげるのがベストです。

日本の夏は特に湿気がひどくなりやすいので、根腐れの他にも「多肉植物にカビが生えてしまった!」というケースも。
このように多肉植物にカビが生えてしまった場合の対処方法について、別の記事で紹介しています。

多肉植物にカビが発生する理由とは?【原因と対処法を解説】

 

水やりの頻度は多肉植物の状態にあわせる

水やりの頻度は多肉植物の状態にあわせる

 

多肉植物の水やり頻度は、多肉植物の状態に合わせて調節してあげるのが一番良いですよね。

というのも、育てている環境に個人差が出てしまい人によっては多肉植物を枯らしてしまったりする場合があるためです。

具体的な目安としては、以下の3つのポイントに注目してみてください。

  • 葉っぱの張りがなくなった、
    もしくはシワが入りはじめた。
  • 葉っぱのボリュームが少し減った。
  • 植物全体・葉っぱの色あいが悪くなった。

こういった兆候が見られはじめたら、一度しっかり水やりをしてみましょう。
数日で張りのある、良い色に戻ったら適切な水やりが出来た証拠です。

「水やりをしているのに多肉植物がしわしわのまま…」という方は、以下の記事も読んでみてください。

多肉植物がしわしわ・ぶよぶよになる原因と対策を解説

 

多肉植物を植え替えた後の水やりは少し時間をあける

多肉植物を植え替えた後の水やりは少し時間をあける

この植え替えは、根っこをつけたままの植え替えの時です。

多肉植物を植え替えたときは、水やりを始めるまで少し期間をあけましょう。
少し期間をあける理由としては、多肉植物がもともと乾燥に強い特徴があるためです。

水やりを始めるときの目安としては、新しい土・鉢植えに植え替えてから7日(一週間)~10日後くらいからが丁度良いです。

移し替えた土の湿り具合などで変わることもありますから、都度様子を見て、水やりをはじめてみましょう。

また、多肉植物が伸びすぎてしまった場合は、カットして挿し芽や挿し枝で別の鉢に植え替えをするときがあるかと思います。

伸び過ぎてしまった多肉植物の対処方法、挿し芽・挿し枝からの育て方は以下の記事で詳しく説明しています。

多肉植物が伸び過ぎてしまう原因は2つ|伸びすぎない育て方のコツ

 

まとめ

多肉植物の水やりまとめ
多肉植物も水分が重要、ですが「頻度の多い水やりは厳禁」ということがお分かりいただけたかと思います。

今回お伝えしたかったポイントをまとめると…

1.水やりは一度にたっぷりと。
→水量は問わず、頻繁な水やりは厳禁。

2.室内栽培は水やりすぎに注意!
→湿気がなくなりにくく、根腐れしやすいため。

3.多肉植物の状態に注目
→水が必要なタイミングで水やりをする。

4.植え替え後の水やりは一旦ストップ
→多肉植物はもともと乾燥に強いので、様子をみてから水やりをはじめる。

 

上記のポイントに気をつけて多肉植物に水をあげてみてください。

水やりのトラブルで多いのが、やはり「根腐れ・カビ」です。
このトラブルに頻繁に悩まされている方は、多肉植物は「葉に水を多く溜め込みやすい」ことを考慮して、少し乾燥させ気味を意識してお世話してみてください。

そして、都度様子を見ながら自分の環境にあった水やりで多肉植物を育てていきましょう。

 

<関連記事の紹介>

多肉植物にカビが発生する理由とは?【原因と対処法を解説】

多肉植物がしわしわ・ぶよぶよになる原因と対策を解説

 

この記事のライター紹介

創(TSUKURU)

後ろ向きに前向きなMinitsukuブログ運営者。
WEBライターの経験を活かした、人生コンテンツをメインに情報発信するブログをやっています。
2000文字程度のコンパクトにまとめたSEO対策記事の執筆が得意です。
SEOコンサル・ライティング・動画・画像編集の仕事のご依頼お気軽に。

 

-室内栽培, 栽培法【我流】, 水やり

© 2022 鯨の多肉園[多肉植物の専門通販・多肉植物の情報サイト] Powered by AFFINGER5