【知っておきたい!】多肉植物を水耕栽培する方法|水差しはメリットだらけ

室内栽培 栽培法【我流】

【知っておきたい!】多肉植物を水耕栽培する方法|水差しはメリットだらけ

今回は「多肉植物の水差し・水耕栽培」についてお悩みの方向けの内容となっています。

多肉植物は育て方というと、土に植えて育てられている方がほとんどですが…

「水耕栽培」という手法でお世話をされている方もいらっしゃいます。

とはいえ…

「水耕栽培って何だろう。」

「多肉植物でも水耕栽培・水差しが出来るのか知りたい。」

「水耕栽培の方法や注意点とは?」

こういった疑問や不安がでてくるかと思います。

今回はこういった疑問にお答えして…

「多肉植物の水耕栽培・水差しという手法」について詳しくご紹介いたします。

【多肉植物の専門通販】
鯨の多肉園販売ページはコチラ

 

<目次>

 

多肉植物を水耕栽培する方法

多肉植物を水耕栽培する方法

そもそも、水耕栽培とは土の代わりに水だけを使った育て方です。

「水耕栽培って初めて知ったけど、どうやるんだろう?」

といった方のために…

多肉植物の水耕栽培の方法について、コツも踏まえて解説します。

 

水耕栽培の方法を解説

ステップ1.多肉植物の土を落とす
→土で育てている状態なら、まずは土から取り出して落とします。
※土を乾燥させておくと、根っこを傷つけずに取り出しやすいです。

ステップ2.根っこについた土を洗い流す
→流水で優しく水洗いをして、残った土を洗い流します。
※水差しに使う容器・水を清潔にしておく必要があるためです。

ステップ3.植物を十分に乾燥させる
→風通しの良い場所で、自然乾燥させます。

ステップ4.根っこをハサミで整える
→少しだけ根を残す程度で、根本付近までカットする。
※消毒した清潔なハサミを使用すること。

ステップ5.根っこを水に浸ける
→大きさに適した容器、適量の液肥水に根っこの先だけ浸ける。
※全部浸かると、根っこから呼吸が出来ず痛む原因になるため。

 

液肥や容器の参考商品は下記のようなものがあります。

扱いやすいオススメの液体肥料はこちら。

水耕栽培向けのオシャレなガラス瓶はこちら。

 

「なぜ根っこをほとんどカットしてしまうんですか?」

と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが…

これは、土栽培と水耕栽培では使用する根っこが異なるためです。

 

根っこをカットする理由

水耕栽培に適した根っこに切り替える必要があるためです。

通常の土栽培の茶色い根っこでは、過度な水分に耐えられず傷んでしまいます。

しかし、土栽培の根っこをカットした状態で水に晒すと…

水耕栽培に適した根っこに切り替わってくれます!

過剰な水分に弱い多肉植物ですが…

根っこを切り替えることで水だけでも栽培出来るようになるということです。

 

多肉植物を水耕栽培するメリット

多肉植物を水耕栽培するメリット
多肉植物を育てるには、水耕栽培をオススメしています。

というのも、水耕栽培にはたくさんのメリットがあるためです。

 

水耕栽培のメリット1.見た目が綺麗

綺麗なガラス容器、瓶などで見た目がとてもオシャレに出来ます。

オシャレな容器と多肉植物をあわせることで、素敵なインテリアとして室内で楽しむことが出来ます。

 

水耕栽培のメリット2.植物の状態が分かりやすい

根っこが土に埋まっていないので、常に植物全体の状態を確認できます。

異常があれば目に見えて分かるので、健康状態の管理がしやすくなるメリットがあります。

 

水耕栽培のメリット3.水やりが不要

植物が必要な分だけ吸水するようになるので、水やりは不要になります。

そのため、水のやりすぎ・乾燥させすぎで失敗するこが無くなることがメリットです。

ただし、水が古くなったり汚れたりするので、一週間に一回程度の水換えが必要になります。

 

水耕栽培のメリット4.害虫や病気にかかりにくい

土を使わない分、清潔に育てることが出来ます。

害虫病気にかかりにくく健康的に育ちやすいので、室内でも汚すことなく育てることが出来ます。

 

多肉植物を水耕栽培で育てる管理方法

多肉植物を水耕栽培で育てる管理方法

水耕栽培の管理方法について、注意すべきポイントをご紹介します。

 

多肉植物の水耕栽培は置き場所に注意!

多肉植物の水耕栽培は置き場所に注意!

水耕栽培する際には、直射日光が当たらない適度な明るさの場所にしましょう。

「日当たりが良いのになぜダメなの?」

と思われるかもしれませんので、直射日光のデメリットを解説します。

 

<直射日光のデメリット>

葉焼け
→強すぎる日光では葉焼けをしてしまう。
痛む原因になり、多肉植物が弱りやすくなるので注意。

水温上昇
→直射日光にあたると、水温があがって蒸してしまう。
温水では根っこが痛んでしまうため。
夏場は温度があがりやすいので、特に注意が必要。

 

また、置き場所の他には水の管理も重要です。

【危険】多肉植物の日当たりには要注意!|日光で安全に育てる方法を解説

 

水耕栽培は水質管理も大切

水耕栽培は水質管理も大切

清潔に育てられる水耕栽培ですが、定期的な水の入れ替えが必要になります。

というのも、水が古くなったり、少しずつ汚れていってしまうためです。

この状態ではカビが発生して株がダメになってしまう原因になるので、頃合いを見て水を入れ替えてあげましょう。

ちなみに、水を綺麗にして雑菌の繁殖も抑制してくれるライフハックアイテムがあったりします。

水質を綺麗にしてくれる「ゼオライト」はこちら。

もし多肉植物がカビにやられてしまったら、こちらの記事をチェック。

多肉植物にカビが発生する理由とは?【原因と対処法を解説】

 

多肉植物の水差し・水耕栽培|今回のまとめ

多肉植物の水差し・水耕栽培|今回のまとめ

今回は「多肉植物の水差し・水耕栽培」について詳しく解説しました。

今回お伝えしたかったポイントをまとめると…

1.多肉植物は水耕栽培ができる
→根っこの切り替え作業が必須!

2.水耕栽培がオススメな理由
→管理が楽でオシャレに育てられる

3.水耕栽培は置き場所に注意
→直射日光は絶対にダメ!

4.水質管理を忘れずに
→水は少しずつ劣化するため

といったところです。

水耕栽培は多肉植物を育てるのにメリットが多いことがお分かりいただけたと思います。

しかし、日頃からしっかり多肉植物を観察してあげることは忘れないようにしましょう。

もしも多肉植物の調子が悪くなったり、変色したりしてしまったら…

一旦、水耕栽培を中止して、根っこを切り替えからまた土に植えて様子を見てあげてください。

清潔で管理しやすいとはいえ、状態に変化がないかしっかり確認することが大切です。

鯨の多肉園では、多肉植物の栽培に役立つ情報を定期的に発信しています。
気になったことがあれば、ぜひ本サイトの記事を参考していただければと思います。

 

この記事のライター紹介

創(TSUKURU)

後ろ向きに前向きなMinitsukuブログ運営者。
WEBライターの経験を活かした、人生コンテンツをメインに情報発信するブログをやっています。
2000文字程度のコンパクトにまとめたSEO対策記事の執筆が得意です。
SEOコンサル・ライティング・動画・画像編集の仕事のご依頼お気軽に。

 

-室内栽培, 栽培法【我流】

© 2022 鯨の多肉園[多肉植物の専門通販・多肉植物の情報サイト] Powered by AFFINGER5