栽培法【我流】 用土

初心者用多肉植物の土選び|オススメの土・園芸用の土がNGな場合の理由を解説

今回は「多肉植物の土選びや配合、使い方について知りたい。」といったことでお悩みの方向けの内容になっています。

多肉植物を育てるのに必要な土とはどんなものかご存知でしょうか。

植物だからといって、どんな土でも良いわけではありません。

多肉植物をしっかり育てるには、正しい土選び・配合・使い方が大切になります。

「多肉植物を育てるときの土はどの土が良い?」

「園芸用の土との違いを知りたい。」

「多肉植物に良い土の配合とは?」

「寄せ植えや植え替えの際はどうするのか知りたい。」

 

こういった疑問にお応えして、今回は「多肉植物の土選び・配合・使い方」について詳しく解説いたします。

【多肉植物の専門通販】
鯨の多肉園販売ページはコチラ

 

<目次>

 

多肉植物の土選び

 

もし多肉植物の土選びで迷っているなら、多肉植物専用の土をオススメします。

というのも、多肉植物が育つのに最適になるよう調整されているためです。

多肉植物の特徴もふまえ、少しご説明しますと…

<多肉植物専用の土の特徴>

・通気性が良い
・水はけが良い
・適度な保水性
・適度な栄養分

このように、多肉植物に必要な環境が整った土になっています。

配合などの必要がなく、すぐに使えて大変便利です。

そのため、土選びで迷っている初心者の方に特にオススメとなっています。

とはいえ…

「なら、多肉植物専用の土でなければ育たない?」

と思われるかもしれませんが、そうとも言い切れません。

多肉植物を育てられる土の例をいくつかご紹介したいと思います。

 

多肉植物を育てられる3種類の土

多肉植物を育てられる3種類の土

多肉植物専用の土のほかにも、育てられる土がいくつかあります。

ここでは、3種類の土と特徴についてご紹介いたします。

 

赤玉土

赤玉土
→特徴:植物を管理しやすいと評判の土です。
適度な保水性と排水性があり、観葉植物用の土として人気です。
粒の小さい土であれば葉挿しなどの成長、小さい株の栽培にも推奨されています。

 

鹿沼土

鹿沼土
→特徴:酸性が強い特徴のある土で、多肉植物が好む土になっています。
適度な排水性があり、赤玉土とほとんど変わらない。
保水性は赤玉土の方が高い特徴があります。

 

軽石

軽石
→特徴:排水性を良くして、通気性を高めてくれる土です。
崩れにくく、保湿性の高すぎる園芸用の土などと混ぜるのに使われています。
多肉植物専用の土の場合でも、排水性を良くするためによく用いられています。

 

「植物用の土なら、園芸用の土でも育てられそう!」

と思われるかもしれませんが、注意が必要です!

園芸用の土の注意事項について、次で詳しくご説明いたします。

 

多肉植物の土と園芸用の土の違い

多肉植物の土と園芸用の土の違い

土の特徴について比較しながらご紹介します。

 

多肉植物専用の土の特徴

多肉植物専用の土が市販で簡単に手に入ります。

水はけが良く、肥料などの過剰な栄養分もほとんど含まれていません。

多肉植物に合うよう調節されており、購入後すぐに使用出来ます。

 

園芸用の培養土の特徴

園芸用の培養土は、肥料といった栄養分をしっかり含んでいます。

保水性が高い土であるため、多肉植物が育ちづらい環境になりやすくなってしまいます。

これは、水持ちが良いと、根腐れや病気になりやすいためです。

 

以上の特徴をふまえると…

園芸用の培養土は「高い保湿性・高い栄養分」があるため、多肉植物の栽培には向いていません。

こういった理由もあり、出来れば多肉植物専用の土を使うことをオススメしています。

とはいえ、園芸用の土でも工夫すれば多肉植物を育てることが出来ます。

次では、多肉植物を育てる土の配合方法についてご紹介します。

 

多肉植物を育てる土の配合方法

多肉植物を育てる土の配合方法

園芸用の土であっても、他の土との配合によって多肉植物を育てられます。

というのも、土の配合によって多肉植物にもピッタリ合う土を作ることが出来るためです。

多肉植物に適切な土の配合割合は…

<多肉植物向け:土の配合目安>

園芸用の土(腐葉土)3:赤玉土(鹿沼土)4:軽石3

 

といった配合の目安例があります。

以上のような比率であれば、排水性の良い多肉植物に優しい土が出来上がります。

ご自身で土の配合をされる場合は、「排水性・通気性」を十分に確保すること。

一方で、「過度な栄養・保水性」の無い土にすることに十分気を使ってあげてください。

 

多肉植物の水やりについて、詳しくはこちら。

【多肉植物の水やり方法】気をつけるポイント・頻度・タイミングとは?

 

「土の配合はまだ少し不安かな…。」

と思われる方は、ご自身で配合する必要のない観葉植物用の土を選びましょう。

肥料などがほとんど含まれておらず、水はけも良いものが多く多肉植物用の土と似ており、多肉植物用の土が用意できない場合の代用出来るのでオススメです。

 

寄せ植え・植え替えのときの土は?

寄せ植え・植え替えのときの土は?

多肉植物を寄せ植え・植え替えする際に、土も新しく入れ替えることがあるかと思います。

この場合も、基本的には多肉植物専用の土や配合した土で問題ないのでご安心ください。

ただし、腐葉土や園芸用の培養土は菌類を含んでいるので、挿し芽・挿し木といった株分けやまだ小さい苗には使用しないようにしましょう。

寄せ植え・植え替えのやり方については、下記の2記事を参考にしてみてください。

多肉植物の寄せ植えについては、こちら。

多肉植物を寄せ植えしたい!上手な育て方のコツとアレンジ方法

 

多肉植物の植え替えについては、こちら。

多肉植物の植え替え方法とは?植え替えの水やり・土の条件を解説

 

多肉植物の土選び|今回のまとめ

多肉植物の土選び|今回のまとめ
今回は多肉植物の土選び・使用する土や配合についてまとめました。

今回お伝えしたかったポイントをまとめると…

1.多肉植物の栽培には、出来る限り多肉植物専用の土を使うこと。

2.土を配合するなら、「排水性・通気性・保水性」に重点を置いて配合すること。

3.株分けや新しい苗には、腐葉土や栄養過多な培養土は使用しないこと。

多肉植物を健康に育てるには、土選びはとても大切です。

この記事が多肉植物の土選びのお役に立てていれば幸いです。

鯨の多肉園では、多肉植物の栽培に役立つ情報を定期的に発信しています。
気になったことがあれば、ぜひ本サイトの記事を参考していただければと思います。

 

この記事のライター紹介

創(TSUKURU)

後ろ向きに前向きなMinitsukuブログ運営者。
WEBライターの経験を活かした、人生コンテンツをメインに情報発信するブログをやっています。
2000文字程度のコンパクトにまとめたSEO対策記事の執筆が得意です。
SEOコンサル・ライティング・動画・画像編集の仕事のご依頼お気軽に。

 

この記事のライター紹介

創(TSUKURU)

後ろ向きに前向きなMinitsukuブログ運営者。
WEBライターの経験を活かした、人生コンテンツをメインに情報発信するブログをやっています。
2000文字程度のコンパクトにまとめたSEO対策記事の執筆が得意です。
SEOコンサル・ライティング・動画・画像編集の仕事のご依頼お気軽に。

 

-栽培法【我流】, 用土

© 2022 鯨の多肉園[多肉植物の専門通販・多肉植物の情報サイト] Powered by AFFINGER5